高槻市 トヨタ アリオン 左側面鈑金塗装修理  ワークス

画像
トヨタ アリオン 左側面鈑金塗装修理

title

H様 トヨタ アリオン 鈑金塗装修理の御用命を頂きました!

ドア・リアフェンダー・サイドシル・リアバンパーのお修理

 ドア・リアフェンダー・サイドシル・リアバンパーのお修理

H様、いつもお世話になっております。
今回は出来る限り費用を抑えて参ります!!

左リアフェンダー・バンパー修理

 左リアフェンダー・バンパー修理

ワークスでは、普段、付属部品は殆どを脱着いたします。
スプレーガンで吹き付けの際、部品と部品の隙間からの細かなゴミ、塵が舞い上がって塗装面に付着する恐れがあるからです。
特にシルバー色はベースコートにゴミが乗った場合非常に目についてしまうので、注意が必要です。
が、今回のテーマは費用の圧縮です。
費用を抑えしかも、どこまでお客様に満足頂けるか!?が、今回のテーマです。

ドアパネルの板金塗装作業

 ドアパネルの板金塗装作業

鈑金範囲を最小限に、、、これにはかなりの技術が必要です。
これにより、今回はリアドア内の塗装範囲で抑え込みます。
フロントドアとの色の違いを極力無くす為に、ハイレベルな調色と塗り込みの技術で対応致します。

リアバンパーは補修作業ですので、、、。

 リアバンパーは補修作業ですので、、、。

この写真一枚でも大切な部分が御座います。
スミマセン、少々こわっぱの蘊蓄にお付合い下さいw
まずは、マスキングです。
リアバンパーから下に下がるビニールを床に張り付けております。
これ大切ですw
ワークスのイオンシャワーブースは勿論プッシュ・プル式です。
これによりゴミや塵を極端に抑えながら塗装する事が可能です。
がしかし、上から吸って、横から引くタイプです。
ミストを完全にフィルターで引く前にどうしてもミストがブースの中を循環してしまします。
この際に車の逆側に回ってしまう事で、塗装面とは関係のないパネルにミストが付着する現象が起きてしまします。これは、実は下引きのブースでも同じ事が起こります。
ですので、どのようなタイプの塗装ブースでも床にマスキングする事は非常に理にかなっていると言えます。
基本的な事ですが中々実践している職人さんは多くありません。

もう一点、
バンパーを付けたまま塗るのは厳密にいうと間違っています。
リアフェンダーを塗る際にどうしてもシルバーのミストがリアバンパーに付着してしまうからです。
これは偶然ではなく、ドアを開けたまま作業をしている事と密接に関係しています。
なんで?
様々な色の中でも、シルバー色は非常に技術の必要な色です。
メタリックの状態や見える角度で色が違いように見えたり、
塗り重ねることで粒子が重なり合い風合いが変わるからです。
ですから本来は、塗り込みの際、自然に仕上げる為、大きな範囲で大きく塗る事が必要です。
その特性をしっかり理解していないと、この状況でこのアリオンを仕上げることは出来ないでしょう。
今回のように、小さな範囲で塗り込む場合や、ミストを上手く避けながら塗り込む事はまさしく「技術」です。
ワークスのスタッフなら皆さまのご要望にお応え出来るかもしれません。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!